山本圭一建築事務所

works住 宅

谷万成の家tanimannari house

岡山/木造2階建(30坪)/新築

2017/有限会社岡本製作所

岡山市北区にある、特徴的な檀状敷地に計画した住宅です。

特徴となるのは、まず、南側に山林が繋がり、北側は眺望が開け、遠くの山並みをみることができる高低差を持つ計画地でした。道路は山林との間に通学路の役割を持って接道しているため、視線の適度な遮断と山林からの光・緑の取り込むように検討を進めました。また、計画地の隣には畑が隣接し、室内から畑を借景でき、畑仕事の休憩場所の役割も担います。

このようなことから、建物の形は畑の横に建つ小屋としてボリュームを抑えるように心掛け、南側の山林とも調和し、周囲の環境に溶け込むように考えました。

室内では家族団欒のスペースに、計画地の特徴を活かすために役割を持った開口部を設けました。

山林の緑を通過した光を取り込む窓
遠くの山並みと畑を見渡せる窓
他からの視線を感じることのない空を眺める高窓
上下階の気配をつなぐ階段室の間仕切り窓

役割を持つ窓を抱えた天井高のある空間をしつらえ、巡る季節のなかで光や風が溶けあい変化する様子を感じて、住まう人の気持ちに彩りを与えるような空間となるように思って計画した住宅です。